賃貸こだわりのポイント、家族構成に合った物件を選ぼう

ソファーに座る家族

 

賃貸物件の探し方にはいくつかのコツがありますが、まずご自分の家族構成から物件候補を検討していくと絞りやすくなります。
独身かパートナー有か、子供の有無などの家族構成から必要な広さを決め、アパートかマンションか、又は一戸建てやテラスハウスなど、まず建物構造の大枠から検討していくとこだわりの条件も具体化出来て分かりやすくなります。

 

★マンションかアパートか 比較検証をしましょう

 

鉄筋コンクリート造のマンションは、強度と防音性に優れていることが一番のメリットです。
上階や隣室の生活音に悩まされることも余りありません。
また最近はオートロックや防犯カメラの設置などセキュリティ面が充実しているところもメリットです。
家賃が高めのイメージがありますが、最近は敷金・礼金¥0の設定をしている物件も増えてきています。
一方、アパートは住環境の良い場所に比較的リーズナブルな家賃で住めるというメリットが上げられます。
新築物件であれば、強度こそマンションには敵いませんが、内装などは引けを取らない物件も多く見られます。
収納スペースも余裕があり、駐車場も家賃相場に合わせて安く借りられる事も多いです。

 

 

★ファミリー向けなら一戸建てやテラスハウスも良いです

 

一戸建てのメリットは、庭付や駐車場付の物件が多く、管理費も掛からないことが上げられます。
条件によってペットやガーデニングが楽しめます。
また上下階の生活音の煩わしさからも解放されます。テラスハウスは長屋的集合住宅です。
完全独立型ではないので、隣家にはやや気を使います。感覚的に一戸建てと同様ですが、間取りやスペースはやや限定されます。
家賃は一戸建てより安いケースが殆どです。シェアハウスは近頃流行の一軒家もしくは1室を共同で借りて生活するタイプの物件です。
家賃も折半なのでリーズナブル、他人とのコミュニケーションが苦でなければ、適度な共同生活が味わえるので、若い人や海外からの滞在者に人気です。

 

 

★賃貸物件は家族構成やライフスタイルに合せて検討しよう

 

広さを優先するか防音性や建物の強度を優先するか、リーズナブルな家賃を優先するか、どれも悩ましい問題ですが、家族の有無、車の有無、一つ屋根の下で他人とすれ違うことも気にならないかなどご自分のライフスタイルや性格を一つ一つ検討して、どれか譲れないポイントが浮かび上がれば物件の決定にぐっと近づけます。